巻き爪・陥入爪

 

陥人爪の原因は、巻き爪同様、先の細い靴、深爪、指の傷などです。先の細い靴をはくと、靴の中で「靴と指」・「指と指」とが強く押し合うような状態になります。

こうした状況では、隣の指の爪が皮膚に当たって傷つくこともあります。

 

その傷に対抗しようとして、指の腹が腫れてしまい、だんだん爪が皮膚にくい込んでいきます。

 

逆に、大きすぎる靴をはいて激しいスポーツをすると、だぶついた靴が指に当たって、皮膚に小さな傷がつくことがあります。

これも、陥入爪の原因になります。

 

とくに気をつけてほしいのが、深爪です。陥入爪になると、痛みを取るために、つい深爪をしてしまいますが、深爪をすると爪からの圧迫がなくなることで、爪の下の組織が盛り上がってしまい、さらに爪を下に押し込み、爪の変形を強め、巻き爪も併発していきます。

 

巻き爪・陥入爪を防ぐには、足に合った靴をはくことが大切ですが、同時に深爪にも注意をしなければなりません。

爪を切るときは、まず指の先端を押してみてください。そして、押してへこんだ肉の部分よりも、長めに爪を切るようにしましょう。

 

 

足のトラブルを防ぐ・・パンプスの選び方

足に合わないパンプスを履いていると、足が痛むだけではありません。

不具合な靴をはき続けていると、足の変形、爪の変形や、ひざや腰を傷めてしまうことにもなります。

 

ですから、靴選びはたいへん重要です。パンプスを選ぶときは、まず気に入ったものを手に取り、足に合っているか、履いて確かめます。

そして、サイズが合っているか、足に当たって痛くはないか、履き心地はどうかなどを確認してから購入しましょう。

 

しかし、片方の足だけで確認してはいないでしょうか・・

それも、ただ履いただけで足に合っていると思ってはいませんか?

 

これは大きな間違いです。きちんと両方の足で靴を履いて、少し歩いてみる必要があります。

さらに、両足で履いて歩いてみて、「ぴったり!」と簡単に思ってはいけません。

 

靴の構造上のチェックポイント

①後ろから見て靴のラインがまっすぐなこと。

 

②靴のヒールの中心、つまりかかとが収まる部分を押さえてみて、グラグラしないこと。

 

③つま先に余裕があること。

 

④靴の内側、外側がしっかりしていること。

 

⑤シャンク(靴底の固い芯)がしっかりしていること。

 

⑥靴の前の方にある“かえし”がちゃんと曲がること。

 

 

普段履くパンプスは、ヒールの高さが3〜4センチぐらいのものにしましょう。

ヒールも細いピンヒールのものではなく、ヒールができるだけ太くてしっかりしたものを選ぶようにしましょう。