こんにちは、名古屋市緑区で巻き爪の専門治療を行っている、名古屋巻き爪矯正センター併設のけんこう堂整骨院です。

 

足の巻き爪の改善に歩き方が重要なことご存知ですか?

          「歩き方」の画像検索結果

巻き爪が酷くなり放置していると、爪と皮膚の接触部分が化膿し、歩く度に痛みが生じます。

一度、巻き爪になってしまうと、それを解消するために、爪の角を落としがちです。

しかし角を落とすと、これまで露出していなかった皮膚が露出するので、さらに化膿してしまう恐れがあります。

焦って深爪にしないように注意して下さい。

さらに、足の痛みをカバーして歩くと、歩行バランスや足への負担が大きくなり、症状がさらに悪化する可能性があります。

バランスが崩れることで他の指先や、身体の様々な箇所に負担がかかり、腰や背筋を痛めることも考えられるので気をつけて下さい。

考えられる原因は、爪の切り過ぎなどいろいろありますが、その中でも特に影響を与えるのは、歩き方です。

正しい歩行を身につけることで、症状の改善だけではなく、予防効果もあるのでしっかりと把握しましょう。

 

巻き爪になる原因

  「歩き 爪」の画像検索結果

初めに、歩き方の基本となるのは負担のかからない歩行法で、正しい姿勢と、足の動かし方を意識して下さい。

まず姿勢ですが、猫背になっていると体幹バランスが崩れます。

前傾姿勢で歩くと足の一部だけに負荷がかかり、安定したパワーバランスを維持できません。

また、背筋と腰を痛める可能性があるため、背筋をしっかり伸ばすように心掛けて下さい。

体幹は、日頃から筋力を鍛えることで強くなります。

加齢に伴い、身体の筋力は低下してしまうので、高齢の方ほどしっかり筋力を鍛える必要があります。

続いては足の動かし方です。基本的に、前に出した足のかかとで着地するように意識します。

そして、前進する時は後ろの足先で蹴り込むように前進します。

これを意識することで、歩く度に、負担を指にかけにくくなります。

また正しい歩き方は、肩こりや腰の痛み改善にも有効的なので、身体全体の負担を軽減できるメリットがあります。

 

靴選ぶもしっかりと見極めましょう!

靴の選び方も重要で、サイズが小さめの靴や足先が狭くなるハイヒールは、歩く度に指先を圧迫してしまうので、オススメできません。

逆に靴のサイズが緩すぎても、歩き方のバランスが崩れやすいので注意が必要です。

靴選びのポイントは、キツくもなく緩くもないサイズを選択することです。

爪は皮膚の一部なので、圧迫することで変形する特性があります。巻き爪予防に大切なことは、指先に無駄な圧力をかけず、自然な空間を与えて歩行環境を良くすることなので、実践して下さい。

そして、身体の痛み治療や歩行方法の習得には、専門のクリニックで改善できます。

巻き爪改善クリニックを探している方は、身体のトータルバランスで治療を行う事ができる、名古屋巻き爪矯正センター併設のけんこう堂整骨院にご相談ください。