名前
院長 城 健彦
出身地
名古屋市緑区
趣味
格闘技・読書
好きな言葉
「思考は実現化する」
■患者様にコメント

幼少期から青春時代

 

子供の頃から負けん気が強く、運動で一番にならないと気が済まない性格でした。
そのせいで、病院や整骨院のお世話になる事が多かったと思います。

身体は親譲りの丈夫さだったせいか、骨折など大けがはなかったものの、とにかく生傷が絶えない子供時代でした。

 

スポーツは野球、サッカー、バスケットボールと色々とやりましたが、どれも長続きはしない。

(球技は苦手だなぁと思っていました。)

 

 

しかし、高校生の時、空手に没頭!

もともと負けず嫌いなな性格で最初は先輩にやられっぱなしで、悔しい思いをしましたが、
休まずに練習を続けているうちに1本とれるようになってくるように。

 

面白くなってきて徐々に自信もつき、練習を一生懸命すれば強くなるとさらに空手熱に拍車がかかる。

 

周りからの推薦もあり主将を務めるまでにいたりました。

この時、ケガもしょっちゅうしていいたので接骨院のお世話になっていました。

 

あっという間に、進路を決める時期に、幼い頃から
動物が好きな事もあり獣医になる事を目指す。

猛勉強し受験するが、もともと勉強嫌いだった私、
全くサボって1浪するも撃沈!

 

 

ターニングポイント

 

受験に失敗後、自分探しの旅に出る。

世の中にはいろんな仕事があるのに、本当にやりたい仕事ってなんだろう?
そんな疑問を持ちながら。肉体労働の仕事に就く。

 

重い工具を持ち運んだり、キツイ体勢での作業を続ける毎日そんなある日・・・。

 

仕事をしていて徐々に腰の痛みから、足がしびれるようになる。

その時は「一番寝れば」「少し我慢すれば」「シップや痛み止めで」何とかなるだろう・・・。
そう思っていました。

 

 

突然の眠れないほどの激痛

 

 

病院でみてもらったところ、即手術の診断。
腰のヘルニアでした・・・。

 

医師からは「後遺症は残るでしょう。もう今の仕事には戻れません。力仕事はできなくなるでしょう。」
と告げられました。

 

 

その時、思いました、「こうなる前に、なんでもっと早く教えてくれなかったんだ!」
でも、そんなことを言っても私や私の周りいんは腰痛に関する正しい知識を持った人がいなかったのです。

 

 

そんな経験から、自分の使命を感じ、私のように体の辛さで損をしてしまっている方、人生を狂わせてしまう前の方を救いたいと決意し、2年間のカイロプラクティックの学校、3年間の国家資格の資格取得を経て、時間とお金を投資して、整体と外傷のスペシャリストとして、現場で10年以上修行を積み、開業に至る

 

 

現在

 

その後もあらゆる整体法を学び、1万回を超える施術経験を元に現在の施術法を作りました。

現在も医師の推薦を受ける整体法のセミナー講師活動や、病院との連携を通じ、整体のプロの育成を行っています

 

1人でも多くの方に健康で幸せな人生を送ってもらうことが私の使命です。

 

その症状や身体の痛み、一人で悩まずに、先ずは1度相談してください。

大丈夫きっとあなたの悩みは解決できます。