こんにちは、名古屋市緑区で巻き爪の専門治療を行っている、

名古屋巻き爪矯正センター併設のけんこう堂整骨院です。

足の爪の先のほうが内側に巻き込まれてしまう巻き爪に悩んでいるならば、早めに治療をしましょう。

歩く際に負担のかかる親指に症状があらわれることが多いのが特徴ですが、違和感や痛みが少ないからといってそのままにしておくと、どんどん症状は進んでしまい炎症を起こす可能性もあります。

ストッキングや靴を履くのが難しくなることも多く、巻き爪から嫌な臭いがするなど日常生活に支障が出てしまうことも多いです。

 

今や巻き爪治療は、手術なしが基本

 

実は巻き爪は、せっかく激痛を我慢して麻酔を打ち、手術を行ったとしても、次に生えてくる爪がまた巻いてしまいます。

ですから今はそういった手術ではなく、ワイヤーやクリップなどを使う「保存的治療」によって、ある程度時間をかけて矯正していくのが主流になってきています。

これなら痛みもあまりありません。

しかし、皮膚科や整形外科を訪ねたところ、いきなり爪を抜かれる・切られるという手術をされて相当痛い思いをした、という人もいます。

治療を始める前に、まずは自分で巻き爪治療の現状を知っておくことが重要です。

手術なしの巻き爪治療というのは、比較的新しい治療です。

昔の医学書では切る・抜くという外科的処置が基本でした。

爪というのは医学の世界ではあまり注目されない分野で、爪の専門家が少なく、巻き爪の最新の治療法についてあまり詳しくない医師も少なからずいるようです。

ですから、巻き爪治療を行う場合は、自分で治療法を選ぶことが重要です。

何の知識もなしにその辺の病院に行って痛い治療を受け、また再発(+_+)

で、また手術(´;ω;`)ウゥゥ

このようなことにならない為、巻き爪治療を専門に行っている治療院を探しましょう。

当院では整体の資格を持った施術者が担当するので爪を治しながら原因となる身体のバランスも改善できます。

歩き方や足の使い方を指導してもらえるので、改善した後も再発しにくいです。

深爪にしている方も施術を受けることができ、矯正を行った後は自然な状態の爪を保つことが可能です。

手術をするしかないと他の病院で言われた方も、ぜひ、名古屋市緑区の巻き爪治療専門のけんこう堂整骨院へご相談ください。