こんにちは、名古屋市緑区で巻き爪・陥入爪の専門治療を行っている、

名古屋巻き爪矯正センター併設のけんこう堂整骨院です。

巻き爪予防のポイント

 

外反母趾と同じくらい、女性を泣かせている原因に巻き爪があります。

多くの女性は恥ずかしくて隠しているのではないでしょうか?

しかし、爪が肉に食い込んで来て、どうにも我慢が出来なくなった時には病院を探しますよね。

 

外科的処置をすると、二度とならない方もいますが、多くの方は悲しい事にまたあの痛みが襲ってきます。

 

そうならないように少しでも改善出来るように、正しい自宅ケアーをして、外科的処置が少なくなるようにしましょう。

 

爪の切り方の注意点

「巻き爪 テープ 効果」の画像検索結果

多くの巻き爪患者さんは、巻き爪している個所を肉から掘り起こして、驚くほど深爪をしています。

すぐに伸びてまた肉に刺さるのが痛いので、つい深く深く切り込んでしまって習慣になってしまうのです。

 

しかしここが落とし穴です。

深く切り込まれて空気に触れた柔らかい肉は盛り上がってきます。

 

爪は盛り上がっている肉に食い込むつもりはなかったのに、刺さるようにしか伸びることが出来ないので、前回よりも食い込むような形で伸びてしまいます。

 

爪が伸びる過程に、きつめの靴を履いていたりしていれば、さらに爪は刺さり痛みだけではなく傷口から雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまうこともあります。

 

この悪循環が巻き爪を悪化させてしまう罠です。

ではどうすれば改善されるのか?正確に言いますと切らないでください。

 

え?っと思いますよね。ずっと切らないわけではなく、巻き爪の部分をほかの部分と同じ長さにするということです。

つい食い込んで痛いからと深爪していた切り方をやめて、爪の両脇と真ん中の高さとそろえて切るのです。

最初は伸びてくる爪が食い込み切りたい衝動に駆られますが、ドラックストアーなどで売っている巻き爪用の絆創膏やテープで食い込みを防ぐようにして伸ばしていきましょう。

 

この間は、あまり窮屈な靴は履かないようにして、どうしても履くときには巻き爪部分に包帯などのクッション剤を使用して保護するようにしましょう。

 

何で切らずに伸ばすのか、それは爪も皮膚だと言うことです。

切り込んでいけば守ろうと厚みが出てきてしまいます。

 

外に厚みが出るパターンもありますが、大抵は中へ厚くなってしまい、切り口が折曲がるかのように肉に潜り込んでしまうのです。

 

さらに、深爪をして柔らかい肉を外気に触れさせ、靴の中の蒸れた環境にさらすことで爪水虫になりやすくなります。

 

巻き爪は爪水虫でも起こる症状ですので、病院で一度検査を受けてから自分に合った治療をして、正しい自宅ケアーをしましょう。

 

巻き爪・陥入爪は、爪を切ったら終わりではなく、その後もしっかりとケアすることが大切です。

 

お困りの方は、名古屋市緑区の巻き爪治療専門のけんこう堂整骨院へご相談ください。