こんにちは、名古屋市緑区で巻き爪の専門治療を行っている、

名古屋巻き爪矯正センター併設のけんこう堂整骨院です。

爪切り 種類

 陥入爪、切ると余計にひどくなる!

足の爪は歩行時に蹴りだす力を足全体に伝え、

地面からの反動の衝撃吸収の役割がある

大事な器官です。

しかし、

爪が長いと

別の指の皮膚を切ってケガするだけでなく、

古い角質が溜まってしまうことで

雑菌が繁殖するので不衛生になります。

そのため、

ある程度伸びたら爪を切る必要があるのですが、

その爪の切り方が原因で近年増えている症状があります。

それが陥入爪であり、

一般的には巻き爪として扱われているものです。

手足の指の爪は

本来指全体に広くなるのが普通なのですが、

それが爪の両端が外側に広がらずに

内側に食い込むように丸まってしまうのです。

なぜ陥入爪になるのかというと、

爪の間違った切り方と

歩行の減少が挙げられます。

 

爪の圧力

 

本来爪は内側に食い込むものですが、

それを指全体に広げているのが歩行による圧力です。

歩行による圧力が爪にかかることで、

常に外側に広がるように力が作用します。

しかし、

車の使用度が増えることで歩行の量が減ると、

この爪にかかる圧力が少なくなり、

陥入爪になりやすい状態になってしまうのです。

さらに追い打ちをかけてしまうのが

間違った爪の切り方です。

切ってはいけない理由とは?

先に傷の防止と衛生面から切るのが望ましいと言いましたが、

それにも限度というものがあります。

爪を切り過ぎてしまうと

爪にかかる圧力が間違った方向にかかりやすくなり、

それが陥入爪をよりひどくしてしまいます。

そこで、陥入爪にならないためには

指の先端よりも少し出る長さに切りそろえることが重要です。

足の爪の切り方

さらに爪の形は前が直線になるように切り、

両端を丸まりにくい斜めカットにする

スクエア型に切りそろえることが理想とされています。

しかし、これはあくまで陥入爪になりかけている場合までです。

内側に食い込み過ぎた陥入爪になってしまった場合には、

この方法をしたとしても治らないどころか悪化させてしまいます。

その場合には病院を受診し、対処することが望ましいです。

陥入爪には特許取得のインベントプラス巻き爪矯正治療法を用います、

当院で行われているのが切らずに治す方法です。

その方法というのがどんな巻き爪にも対応可能なワイヤー矯正です。

これまでの治療法は軽度・重度問わずに

手術で爪を取ってしまう方法だったのですが、

それでは再生に時間がかかりますし、麻酔が痛く、出血もします。

衛生面で良いとは言えません。

今注目の特許取得インベントプラス巻き爪矯正法は

錆びない金属フックやワイヤーを使用して、

陥入爪の原因である

爪の両端にフックを固定し、ワイヤーで締め上げる方法です。

そして、

爪の変形が強かったり、爪の硬い方は繰り返しお湯に爪をつけて柔らかくしてから矯正をします。

変形で爪が刺さっている場合には爪の一部を切った後に

しっかりと固定します。

固定し再生を待つ方法になります。

陥入爪は放置すると爪が食い込んで

激痛になるだけでなく雑菌が入って炎症や膿を起こします。

その状態になる前に、

しっかりと正しい切り方の知識を理解したうえで

進行している場合には早急に巻き爪専門の治療機関受診をお勧めします。

巻き爪でお悩みの方は、

名古屋市緑区で巻き爪の専門治療を行っている、

名古屋巻き爪矯正センター併設の

けんこう堂整骨院にご相談ください。