巻き爪になった!その原因は・・・。

 

 

足の爪は地面からの圧力を適切に受けることでまっすぐに伸びる性質を持っています。

 

しかしサイズの緩すぎる靴やきつすぎる靴を履いたり、歩く機会が少なかったりすると爪への圧力が適切にかからず、爪が内側に巻いて伸びていってしまい皮膚に食い込んでしまいます。

 

 

この巻き爪の症状はある程度は自分で解決することができます。

 

巻き爪が軽度であり、皮膚への食い込みもまだひどくなっていない場合は、痛みを生じている部分に少量のコットンなどを挟むことで痛みを軽減することができます。

 

爪のカット方法も大変重要です。

 

食い込みが起こるのは足の親指が多いですが、皮膚に当たって痛いからと言って短く切ってしまうのは間違いです。

 

伸びる際に指に食い込んだり、肉が盛り上がっていることによって爪の伸長が邪魔されることで更に巻き爪が悪化する可能性が考えられます。

 

爪を切るときはなるべく先が真っ直ぐになるように切るようにしましょう。

 


爪のカールを強制的に平らにする機械も販売されていますが、
この機械の使用には少し注意が必要です。

 

自己判断で使用することによって爪が割れてしまう可能性があるためです。

 

また、ワイヤーやテープを使って爪を固定して平らにしようとする方法も同様に加減や続けることの難しさがあり、あまりおすすめできません。

 

大丈夫?自宅で巻き爪矯正???

 

「巻き爪  痛い」の画像検索結果


痛い巻き爪に悩んでいる方は、専門院
に行って専門家に見てもらうのが一番良いです。

 

素人判断で下手に手を出してしまうとかえって悪化させてしまう可能性もあるので、自分で何とかしようとする前に専門院へ診せに行きましょう。

ひどく歩けなくなってからでは遅いのです。

病院で行われる治療は、爪にワイヤーを通して矯正していく方法や機械で少しづつ平らに治していく方法もありますが、食い込んでしまっている部分の爪を根元から先端まで剥がしてそこに薬剤を使用することでその場所に爪が生えないようにするという、聞いただけで痛くなるような方法も取られています。

 

「病院で巻き爪矯...」の画像検索結果 驚く豚のイラスト


手術や痛い治療方法が嫌だという人におススメなのが、特殊ワイヤーによるインベントプラス巻き爪矯正
専門院に通って治療する方法です。

 

名古屋市内でも数少ないですが、ワイヤーによる巻き爪治療が行われています。


この巻き爪矯正は特許取得済みで口コミでも大変評判が良く、
安全性も認められているので、巻き爪に悩んでいる人は一刻も早く重症化する前に受けてみてください。

 

先ほど述べたように自己判断で巻き爪を治そうとするは大変危険です。

 

必ず専門家の指導のもと治療するようにおすすめします。

 

愛知県名古屋市で巻き爪でお困りの方は、名古屋市緑区の巻き爪専門院、名古屋巻き爪矯正センター併設けんこう堂整骨院までご相談ください。