巻き爪が悪化する切り方

巻き爪はそのまま放置してしまうと皮膚に食い込んで痛くなって
しまうため、ほとんどの人は食い込んでいる部分を含めて全体的
に深爪にしてしまいます。

ところが巻き爪になっている部分を深く切ってしまうと
盛り上がった肉の部分に当たるように爪が伸びてきてしまうため、
どんどん悪化してしまう可能性があるのです。

また深爪をするほど切ってさらに悪化する
という悪循環に悩んでいる人は少なくありません。

巻き爪を改善するためには深く切りすぎてはいけません。

巻き爪は短くすればするほど変形が酷くなりやすく、より皮膚に食い込みやすくなります。
そのため伸ばした方が変形した部分が皮膚に当たりにくくなるので
痛みを感じにくくなったり怪我を予防できるようになると考えられているのです。


巻き爪を伸ばす方法は病院でも巻き爪の予防対策として指導されている方法のひとつであり、医学的な根拠もあるのでおすすめの対処法のひとつです。

ただし伸ばしっぱなしにしてしまうと巻き爪の変形が悪化して皮膚に食い込んでしまう可能性があるので、単純に伸ばすだけではなく適度な長さを維持するのが大切です。

巻き爪を予防、もしくはある程度改善するためには、長さを維持
するだけではなく爪の切り方にもポイントがあります。

巻き爪を悪化させないための爪の切り方のひとつに「スクエアオフ」
と呼ばれるものがあり、これは簡単に言えば爪の先を平らにするような切り方です。

ポイントとしては全体を平らにするのではなく、爪の端の部分はある程度伸ばしておくところにあります。

爪の先を平にしようとして爪の端に合わせて切ってしまうと深爪になってしまうので、
爪の一番先端の長さに合わせるように平らに切っていきます。

イメージとしては台形になるような形が良いとされているので、
爪の端は切り過ぎないようにするのが大切です。

このようなカットをして、ある程度爪を伸ばしていけば巻き爪を予防できます。

その後は端から少しずつ変形している様子が見られたタイミングで
切るようにすれば状態を維持できます。

ただし元々変形が見られる場合や変形そのものが酷い場合には巻き爪そのものは改善できませんし、伸ばしても痛みが出てくる可能性があります。

その場合には爪の長さや切り方を工夫するだけではなく
巻き爪を原因から理解し、
根本的に治していくことがとても大事です。

名古屋市緑区にあります、名古屋巻き爪矯正センターでは
特許取得の強力なワイヤー矯正でどんな巻き爪でも矯正し、
再発防止の指導も行い根本的な巻き爪の解決を勧めています。